マンション大規模修繕を依頼しよう【定期的にメンテする必要性!】

マンションの修繕の時期

男性

安全性や資産価値を守る

マンションを購入する際に、意外と知られていないのが、マンション大規模修繕です。マンションを含め、あらゆる建物は、建築後時間が経つにつれ、劣化していきます。中でもマンションは共同住居のため、マンション大規模修繕を行う場合は、修繕のタイミングや規模、委託業者等、住民で構成される管理組合を中心に細かく決めていく必要があります。適切な修繕を行うことは、住居の安全性を確保し、それが資産価値の維持にもつながります。マンション大規模修繕の時期については一概に決まっているわけではありませんが、おおよそ12年周期で考えられることが多いと言われています。1回目の築12年の際には、外壁の全面打診調査を含め、建物の外部を中心とする修繕が行われます。しかし24年後の2回目になると、建物内部の附属的部位などについても修繕が必要になる場合があります。さらに3回目の36年後には、内部の主要な設備を含む、本格的な修繕が必要になります。このように、マンション大規模修繕については、築年数を重ねるごとに、費用が必要になってくるため、あらかじめ管理組合での話し合いを行い、計画的に修繕費用を確保していくことが重要です。同時に、修繕を委託する業者の選定も費用や修繕内容を左右する重要な判断が求められます。管理会社にすべて任せることもできますが、適切に修繕が行われているかを第三者の視点で評価する立場のコンサルティング会社を加えることで、より客観的で適切な費用の修繕を行うことができます。大きな金額を支払うマンション大規模修繕だからこそ、これらの点を踏まえ、十分な時間をかけ準備していくことが大切です。

Copyright© 2017 マンション大規模修繕を依頼しよう【定期的にメンテする必要性!】 All Rights Reserved.