商品先物の専門知識

外国紙幣

商品先物といえば、昔は小豆市場などを使って悪徳業者が素人相手に詐欺まがいの営業を行うなんだか怖いイメージがあるかもしれません。実際に損を補填するするために追加の取引を誘い、更に損失が増えてしまうということもあったようです。 しかし、昨今では監督省庁の規制もあって、年間5000件を超えていた苦情件数はもはや300件を割り込む水準まで下がっています。 また最近は従来のような電話勧誘ではなく、安価なインターネット取引が中心となっています。このため、自分自身で投資判断できる環境が整っています。高すぎるレバレッジは規制されており、そもそも発注すらできなくなっています。 このように商品先物市場は専門知識を持たない投資家でも安心できるサービスとなっています。

商品先物は、株や債券と異なり最終的には対象の現物資産に交換されることになります。また市場に参加するプレイヤーは投資家だけでなく価格変動をヘッジしたい穀物業者も含まれます。そのため、取引の際に現物を保有していることが有利だったりします。 こうした現物資産との強い繋がりから、従来は商品先物の業者は商社系子会社などなんらかの形で現物資産を扱える業者が中心でした。 しかし最近はあくまで多くの投資家に安定した取引環境を提供すること、および取引価格が安いことが業者として選ばれるポイントとなっています。よって現物資産と関係はないものの、FX業者など既に強力なシステムを有する業者が増えてきています。 業者を選ぶ際に投資家である皆さんは業者の出自は気にすることなく、取引しやすいシステムを提供してくれていることをポイントに選ぶことをお勧めします。