マンション大規模修繕を依頼しよう【定期的にメンテする必要性!】

定期的に必要な修繕

作業員

費用相場と注意点

マンション大規模修繕はマンションを快適に過ごすために必要なことです。マンション大規模修繕は10〜15年ごとに行われることが多く、多くの分譲マンションは12年間隔で行うことが多いです。マンション大規模修繕では、外壁塗装、屋上防水と塗装、鉄部の塗り替え、廊下やベランダの防水などを行います。これらの設備は定期的に修繕しないと雨漏りや錆による不具合などが起こり、住まいの快適さに影響を与えます。そのために定期的に行わねばならないのです。マンション大規模修繕にかかる費用は1000〜3000万円がボリュームゾーンですが、近年は高騰傾向にあります。一戸当たり60〜90万円ほどが平均であったのが、近年は100万円を超すことも珍しくありません。マンション大規模修繕に使う費用を修繕積立金といいますが、修繕積立金では足りないこともあり問題となっています。修繕積立金を大幅に上げずにマンション大規模修繕を行うには、業者選びが重要となります。従来から契約している業者には信頼があるかもしれませんが、大幅な値下げは交渉しにくいでしょう。新たな会社に見積もりを依頼することで、値段交渉の種にすることもできますし、新たな会社に変えることもありでしょう。ただその際は安さだけで選ぶのではなく、信頼できるかをきちんと見極めるのが大切です。過去の実績を確認し、長年活動しているかや多くのマンションと取引しているかなどをチェックしましょう。

Copyright© 2017 マンション大規模修繕を依頼しよう【定期的にメンテする必要性!】 All Rights Reserved.